○七話

もう形をとらえることすらむずかしいほど大きくなった輝かしい糸の広がりが
ため息ほどの悲しい形から生まれたなんて一体だれが信じてくれるでしょう