○三話

枝と枝の間にひとすじの線が張られました
風や森が運ぶ ひとつ ひとつ のことばが糸の線に織りこまれていきました

悲しい形ができました