蜂のこと その9

●みつばちの寿命

bee_009.jpg


「みつばちの死骸をもらってもいいですか?」っと養蜂家にたずねました。
「あー、いいよ。だけど、あんまりきれいなのはないよ。だいたい蜂は死骸を遠くに運んで行くからね。きれい好きなんですよ」そういいながら4匹の死骸を手に持って来てくれました。
「おしりが黒くなってるでしょ、これは年取って死んだんです。で、こっちの黒くない方は若いまま死んだんですよ」
私は、つぶさないようにこの繊細な死骸を持ち帰ろうと思いました。
「あんたが、今見てるみつばち達はだいたい来年の2月には死んでしまうでしょう」
そう思うと今、その瞬間を懸命に飛ぶみつばちをもっとよく見ておきたいという思いがこみ上げて来ました。
夏の働き盛りの季節は約1カ月、寒い冬場は2カ月から3カ月ぐらいで巣箱のコロニー内は生死が繰り返されています。