ルイジアナ美術館

コペンハーゲンから車で北へ向かって約40分ほどのシェラン島に友だちが案内してくれた。便利のよい街中の中心の美術館は自分で好きなように回れるからとわざわざ少し離れたところにつれて行ってくれたのだ。丘に建ち、青く澄みわたるエアスンド海を一望できる緑に囲まれた美術館は1958年に開館した。こんなに気持ちのよい美術館があるだろうか。20世紀を代表する現代美術作品の多くを収蔵しており、最大の目玉に彫刻家として知られるアルベルト・ジャコメッティのコレクションが一室ある。美術館に入ると明るいガラスの回廊を通っていく。自然と作品がガラス一枚をへだててみごとなまでに融合されている。屋内のピカソ、ウォーホル、ラウンシェンバーグ、クライン、キーファーなどの作品と、屋外庭園に設置されたアレクサンダー・カルダーの作品はルイジアナ美術館のシンボルになっているし、他にもヘンリー・ムーア、マックス・エルンストなどの作品が自然散策とあわせて楽しむことができる。もし、こんな美術館が自分の住んでいる家のすぐそばにあったら、毎日でも通いたくなるような恵まれた環境なのだ。
この旅で、有名無名を含めて多くのギャラリーや美術館に立ち寄った。そのひとつ一つをとりあげることはしないが、ついでに一つだけ街の中心にある博物館のことを書き留めておきたい。ニュー・カールスベア博物館はフランス印象派を集めた展示室などがとても魅力的で、屋内に植物園のように樹木が植えられている。ルイジアナに比較するとアカデミックで落ち着いた空気がただよっているが、どちらも植物や自然採光の明暗をうまく利用して訪れた人に作品だけではない豊かさを与えてくれると思う。

louisiana.jpg

louisiana02.jpg

louisiana03.jpg

louisiana04.jpg